日本語教師

学校

資格が必要

日本語教師には資格があります。
もちろん、個人的にレクチャーするという程度では資格を取得する必要はありません。
色々な方法があります。

一般的には授業中には日本語だけで授業を実施します。
外国人の方がいらっしゃるワークショップでも媒介語として
英語を使用しないように教えられることも多いです。

ただし、生徒はみんながみんな日本語力があるとは限りません。
むしろ、生徒は日本語が全く分からないという状況もしばしばあります。

このような時に、英語力が高くなければ務まらない職業であると言えます。
ワークショップにおいては学生が日本に行った時に困らないような
正しい日本語を教えることになります。

したがって、マナーのきちんとした日本語を教えることが大半を占めているのです。
そのため、日本人なら意識せずに使えているような動詞の五段活用や、謙譲語と尊敬語の違いなども教える必要があり、日本語の高度な知識が必要になります。

どのように指導するか

日本人が日本語教師として指導に当たる中で、学生に対してどのような指導を行うか。

もちろん、個人対個人というようなケースであれば、
英語力の高い方が英語を交えながら教えるということもあるでしょう。

しかし、個人対多数を相手にするようなケースでは顕著ですが、
英語力の高さはもちろんのこと、日本語力の高さ、
指導力の高さなどを求められるもの。

したがって、日本語教師としての資格を取得している必要があるのです。

日本語教師の資格は、様々な資格学校の他、大学でも取得できます。
通いやすい学校を探してみましょう。