ホテルで働く

ホテルとワーキングホリデー

ワーキングホリデーで異文化に触れることは大切なことです。
言語も学ぶことができますし、見識も広がっていくでしょう。

しかし、それだけの時間を滞在するとするのであれば、資金も考えていかなければいけません。
それができるのも、ワーキングホリデーの大きな特徴となっているのです。

就労先の中でも人気があるものの一つとして、ホテル勤務があります。
英語環境の中で仕事ができるため、語学能力の向上に一役買ってくれるのです。

さらに、寮があったり社食があったりすれば、滞在資金の節約にもなるため、
ワーキングホリデーでとても人気の仕事といえるでしょう。

人気のホテルの仕事の内容は

どこの国でも、ホテルの仕事は大きく分けて4つに分類することができるでしょう。
ハウスキーパーのように掃除やベッドメーキングの仕事もありますし、フロント業務もあります。

中にショップが併設されていたり、
レストランがあったりすれば、それぞれの仕事が発生するのです。

こういった仕事の内容は、語学の能力によって大きく変わっていきます。
ほとんど語学ができない状態では、
フロント業務は厳しいといわざるを得ませんが、
ハウスキーパーであれば、
ほとんど会話がないため語学力はほとんど必要ないでしょう。
もしも、渡航の前からホテルで働くということを決めているのであれば、
最低限の語学力は身に付けてからワーキングホリデーの申請をすることも重要です。

いくら受け入れてもらったとしても、
職場は語学学校ではありません。
能力の向上にプラスになることはあっても、
語学を教えてもらったりすることは不可能であるということは忘れてはいけないことなのです。

ホテルでの働き先を探す方法は

資金的にもプラスになる可能性があるホテルの仕事を探す方法は、
国によっても違いがあることは間違いありません。
それでも共通していえることは、仕事を探す場合には、
情報収集を欠かすことはできないということです。

現地で語学学校に入ったりするのであれば、
自然と情報は集まってきます。
インターネットを利用して探す方法も重要となるでしょう。

現地の新聞にも求人が出ることがありますし、
日本語の情報誌があればワーキングホリデーを対象とした求人を見つけることもできます。

とにかく少しでも多くの情報を集めていくことが、
ワーキングホリデーでも重要となるのです。

情報とは別に、履歴書をもって飛び込みする方法もあります。
ホテルであれば、常に誰かいるものです。

カバーレターも添えて、
とにかく飛び込んで見るような勇気も必要でしょう。

日本では採用されないような方法であっても、
ワーキングホリデーになれた国であれば、
採用される可能性もないわけではないので、チャレンジしてみることも必要なことなのです。